サタケ冷熱
トップページ 会社概要 製品紹介 採用情報 サイトマップ

プレハブ環境試験室
電気冷蔵庫試験室
ルームエアコン用環境試験室
無響室・防音室・実聴室
住宅環境試験室
バランスタイプカロリメータ
サイクロメトリックカロリメータ
二次冷媒圧縮機カロリメータ
ガス流量圧縮機カロリメータ
カーエアコンベンチテスト装置
その他サタケ商品

サタケプレハブ環境試験室
優れた製品は最新の技術と、良い環境のもとで、万全の品質管理から生まれます。

電子機器、バイオテクノロジー、自動車など多くの産業において、あらゆる素材や製品に対し厳しい環境試験が行われています。そして品質のチェックがなされ、機能セイ・耐久性等を満足させています。
サタケは、そんな試験のパートナーとして広く産業界に実績をあげてきました。
サタケの環境試験室は、予想される環境条件を造り出し、忠実で高精度にシミュレーションして再現いたします。
「お客様が満足し、安心して使用できる、製品づくりに徹する」をモットーに、お客様の満足度を評価の対象として、品質管理を徹底しています。
たしかな技術と、その信頼性がどんなご要望にもお応えいたします。

電気冷蔵庫試験室 ルームエアコン用環境試験室
電気冷蔵庫試験室 ルームエアコン用環境試験室
無響室・防音室・実聴室 住宅環境試験室
無響室・防音室・実聴室 住宅環境試験室


■標準装備
●大型観測窓:W400×H300mm熱線入り断熱ガラス
●ケーブル孔:内径50mm 1個
   ユーザー指定位置に取り付け
●室内灯:60W 防湿型白熱灯
●保安スイッチ:室内作業者用
●積算時間計:トータル運転時間を指示
●個別異常表示:温度過昇・送風機・加湿・冷却・その他

プレハブ環境試験室図
■型式記号表示

SL   15 10  

SL/プレハブ環境試験室を表す
H/H:恒温恒湿室 T:恒温室
15/室の大きさを表す
  (低温仕様には“L”がつきます)
 10:1900W×1900Dmm
 15:2800W×1900Dmm
 20:3700W×1900Dmm
 25:4600W×1900Dmm
 30:3700W×2800Dmm
 40:4600W×2800Dmm
 50:4600W×3700Dmm
10/温度範囲を表す
 10:-10〜+80度
 30:-30〜+80度
R/計装を表す
 R:温(湿)度調節計+温(湿)度記録計
 P:プログラム式温(湿)度調節計
 PR:プログラム式温(湿)度調節計+温(湿)度記録計
■オプション
●大型扉:両開き式W1200以上
●操作孔付観測窓:窓巾W600mm
   操作孔120φ2個
●室内床面補強:最大荷重9800N/平方m
●室内コンセント:端子
   貫通孔は任意位置に取り付け
●火災報知機:低温式スポット型感知器付
●インターホン:室内と室外の連絡用
●デフロスト装置:タイマーによる自動・手動と併用
●低温条件追加:露点温度-30度まで
(例:5度−5%RH)
プレハブ環境試験室

サタケプレハブ環境試験室は、恒温恒湿室・恒温室・低温恒温室・超低温恒温室など、独 自のノウハウと、その安定した超精密な精度が自慢です。それは永年の実績を持つサタケな らではの特技といえるでしょう。
■特長
1.エレクトロニクスを取り入れた制御装置
1)明るく、見えやすいLCD表示付温(湿)度コントローラを装備し、温湿度制御の他に幅広い機能を有しています。
2)LCD表示付温(湿)度調節計は、制御温度、湿度に対し適切な冷却・加湿等、機器の自動選択を行うこともできます。(プログラム制御の場合)
3)湿度は相対湿度をダイレクト設定方式ですから、表示や記録も相対湿度で表すことができます。

2.省エネルギーを追求
1)冷凍機の分散(多台数)使用により、1台の大容量の冷凍機を使用するより約20%の省エネルギーとなります。この方式は、複数台のうちの1台が故障しても他の冷凍機により運転の継続ができるメリットがあります。
2)冷凍機をインバータ制御することにより、約20%以上の省エネルギーを実現しました。
3.精度を追求した空調装置
1)豊富な風量で温度・湿度の変動幅はいうまでもなく、吹き出し口面積を大きくし、室内風速を抑えることにより高精度な温度分布を確保しています。
2)空調機は室内設置型で、設置スペースを小さく熱ロスを少なくしています。
3)加湿器はボイラー型構造でスケール(不純物等)が付着しにくいため、メンテナンスも容易にできます。
4)加湿給水は湿度精度を乱さないレベル方式ですから、給水による湿度の乱れがありません。

4.実用面を重視した試験室
1)硬質ウレタンフォームを使用したパネルを合理的な設計によりコンパクト化され、床内部に補強材を挿入することにより、耐荷重を大きくしています。
2)扉はくもり防止用熱線入り大型観測窓付で視界も良く、ヒンジの耐久性およびロック機構の安全性に優れています。
3)試験室内面はステンレス鋼板、外面はカラー塩ビ鋼板(色:アイボリー)を使用しているため、あらゆる設置場所にもマッチし、耐食性・耐久性も抜群です。

■標準温湿度制御範囲
型式 温度制御範囲 湿度制御範囲
恒温室 T10 -10〜+80度
T30 -30〜+80度
恒温恒湿室 T10 -10〜+80度 20〜95%RH
T30 -30〜+80度

※湿度制御範囲は+20度〜+60度において
※最低湿度20%は40度以上となります。
標準音湿度制御範囲


プライバシー ENGLISH お問合せ・ご質問など   サタケ冷熱株式会社
     〒576-0017 大阪府交野市星田北5-52-11

Copyright (C) 2006 SATAKE ENGINEERING Corporation. All Rights Reserved.