Secondary Refrigerant
Compressor Calorimeters
本装置はルームエアコン、カーエアコン、冷蔵庫など、各種圧縮機単体の冷凍能力を測定します。測定方法にはいくつかの方法がありますが、主として蒸発器熱量計法と液冷媒流量計法を採用しています。だから能力測定が、広範囲にわたって正確に行えます。
とくに冷蔵庫用小型機種を対象とした熱量測定装置では、熱漏洩分の補正を極力小さくすることにより100W/h以下の極小能力測定時でも正確に測定できます。
Compresseor Calorimeters
(Secondary Refrigerant calorimetry)
圧縮機カロリメータ(二次冷媒熱量計法)
●一般的には、標準仕様として圧縮機周囲温度をコントロールしています。
●蒸発器熱交の周囲温度を計測して熱漏洩量の補正を行います。
●自動化のための標準ソフトを用意しています。テスト条件の設定、変更、データ集録、安定判定からデータプリン トアウトまでの全てをコンピュータが行います。(安定判定の基準となる数値、および冷凍能力の基準となる数値、お よび冷凍能力の積算時間は変更することができます) JIS B 8606 冷凍用圧縮機の試験方法